Google XML SitemapsとGoogle Search Consoleを最速で紐付ける方法

Google

Google XML SitemapsはWordPressのプラグインです。

このプラグインを導入することでウェブ上のクローラーが定期的にサイトを巡回してくれるようになります。

自分のブログ記事をいち早くWeb上に反映させることができる人気のプラグインですね。

Google XML Sitemapsは、Google Search Consoleとセットで使用するものです。この2つを最速で紐付ける方法を紹介していきます。

Google XML Sitemapsをインストール

WordPressのプラグイン欄の新規追加からGoogle XML Sitemapsをインストールしていきましょう。

インストールが完了した時点でGoogle XML Sitemapsの設定は完了しています。

設定を細かくチューニングすることも可能ですが、SEOを本気で考えている人でもなければ、デフォルトの設定で問題なく使用することができます。

Sitemapの確認

自分のブログにサイトマップが作成されているかどうかを確認します。

ブラウザから「https://(自分のURL)/sitemap.xml」にアクセスしてください。

「XML Sitemap Index」というページが表示されていれば、プラグインが正常に機能しています。

Google Search Consoleの設定

Google Search Consoleの「サイトマップ」をクリックして、「新しいサイトマップの追加」に先程確認したサイトマップページのURLを記入してください。

「送信」をクリックしたあと、サイトマップが登録されます。ステータスが「成功しました」になっていれば完了です。

サイトマップを再登録するには

設定自体は完了しましたが、サイトマップを再登録する方法も合わせて紹介します。

いままでの手順でサイトマップを登録しても、サイトマップを登録できないエラーが発生することがあります。

そういったときは、一度サイトマップを削除して、新たに登録し直すことでエラーを回避できることがあります。

登録したサイトマップをクリックして詳細を確認します。

サイトマップ画面の右上にオプションボタンがあるのでクリックすると、「サイトマップの削除」が表示されるのでクリックします。

これでサイトマップは削除されるので、先程の手順でもう一度登録し直しましょう。

タイトルとURLをコピーしました