今一番ホットな転職市場がAWSを扱えるクラウドエンジニア

AWS

今やクラウドを使ったインフラ構築に、AWS は無くてはならないものになりました。ただ、「AWSってよく聞くけど、結局何がいいの?」という方もいらっしゃるかと思います。

ここ最近もっとも勢いのあるクラウドを活用したクラウドコンピューティングサービスです。AWSを扱えるクラウドエンジニアの需要も急上昇で、どの現場でもエンジニアが不足しています。

AWSを扱えるとなると、転職の際に選考でかなり有利になることもあるので、実業務でAWSを扱っているITエンジニアとして、そういったところも解説していこうと思います。

そこで、まずAWSが何なのかを詳しく説明していきますね。

AWSって何?

AWSとは Amazon Web Services の略でクラウドコンピューティングサービスを提供しています。

クラウドコンピューティングとは、コンピューターの機能などをインターネット経由で提供するサービスのことであり、つまりコンピューターに関するサービスを遠隔から操作して利用できるという大きな特徴が存在します。

つまり、インターネット世界のレンタルなんでも屋っていうイメージに近いですね。

AWSは、世界企業であるAmazonの子会社としてサービスを提供してくれています。AWSは当初Amazonのために開発されたサービスでしたが、機能追加とともに他社向けに提供するようになったいったのがサービスとしての始まりです。

どんなことができるの?

基本的にコンピューターでできることは何でもサービスとして提供されています。AWS自体、こういったサービスの総称、サービス群といったものになります。

AWSには200近いサービスが展開されており、レンタルサーバーやデータベース、ストレージといったクラウドインフラとしての基本的な使い方から、今流行りの機械学習やブロックチェーン、ゲーム開発といった、文字通り多種多様なサービスが展開されています。

ここまで見てきてわかることは、AWSと一口で言っても、AWSの中にも様々な分野に特価した専門家が存在します。

AWSのすべての機能を理解している人は、ほとんどいないというか、私は合ったことがありません。そのくらい、幅広いサービスなので、学習するための時間もそれなりに必要になってくるでしょう。

AWSのメリット

今やIT業界に無くてはならない、クラウドの頂点に君臨するAWSのメリットについて紹介していきます。

IT業界は、変化がとてつもなく激しく、既存のサービスが新サービスに淘汰されることなんかザラにあります。それでもなおAWSが選ばれるのは、競合他社を抑える、多大なるメリットが存在するからです。

費用の削減

一番わかりやすいメリットですね。自分でサーバーやネットワーク機器を確保する必要がないので、物理的なハードウェア費用が必要ありません。

また、AWSでは利用時間にあわせて、料金が請求されるようになっているサービスがほとんどなので、非常に無駄がありません。

余計なコストを削減できるのは普及していった上で大きな要因となっています。小規模のインフラ構築であれば非常にリーズナブルで個人の学習用途にもおすすめです!

スペースの削減

物理的なハードウェアを購入する必要がないので、それらを設置するためのスペースも必要ありません。電気代も必要ありませんね!

スペースを確保するために、敷地に多くのお金を使う必要はなくなりました。やはり、これからは買う時代からシェアする時代に変化していってるんだなぁ、と思わずにはいられません。

労力の削減

今までのインフラ構築といえば、サーバーを何十台と並べて、配線して、電源通して、ソフトウェアをダウンロードしてと、煩雑な作業がたくさんありました。

しかし、AWSにすることで物理的な部分はすべてカット!

それらはすべてAWSの所有しているデータセンターで勝手に行ってくれています。そのため、そういった物理的な構築作業にリソースを割く必要がなく、もっと自分たちが展開している核心的な業務にリソースを割くことができるでしょう。

スピード感のアップ

上記の”労力の削減”と重複するところもあるのですが、多くの作業をカットできるということはそれだけ、業務全体のスピードがアップします。正確にいうと、作業に必要な工数が減るわけですね。

AWSを利用することで、エンジニアはより技術力を要するような、つまり単価の高くなる作業に集中することができます。

以上、必要な業務に、必要な労力に経済的にフォーカスできるのがAWSの大きなメリットでした。

AWSのメリット
・物理的な機器を削減することによるコストカット
・サーバーなどを設置するスペースの削減
・サーバーなどの機器を設置する労力の削減
・物理的な作業工数が減少することによる業務にスピードアップ

AWSのデメリット

もちろんAWSにもデメリットが存在します。これらの要素もしっかりと理解しておかないといけないでしょう。

データベースはすべてAWSの手中

ユーザーの個人情報というものは、企業にとって、とてつもなく重要なデータとなります。これが流出したりすると、会社なんて吹っ飛んじゃいますからねぇ。

そんな、”超”重要なデータをAWSにすべて預けることになるわけです。そう考えると少し不安になってくるかもしれません。完璧なセキュリティというものは存在しないわけなので、AWSも完璧ではありません。

もちろん、セキュリティ対策をしっかりと行ったり、データベースのみ自前で用意したりと、いくつか対策する方法はあるので、そういったことも学んでいく必要がありますね。

大規模障害のときは詰む

過去にも何度かありましたが、AWSのデータセンターで大規模障害が起こると、外部の人間は何もできません。エンジニアであったとしても、です。

そうなったら、AWS内部のエンジニアを信じて復旧を待つしかありません。

このようにAWSへの依存度が高ければ高いほど、AWSに障害が発生したときに、復旧をただ待つことしかできないので、自分たちが運営しているサービスのダメージも大きくなってしまいます。

AWSのデメリット
・ユーザーの個人情報といったデータはすべてAWSの手中となる
・AWS自体で大規模災害が発生すると自身のサービスも大ダメージとなりえる

AWSのCEOが言っていること

唐突ですが、AWSのCEOがこのようなセリフをインタビューで述べています。

「社内システムをクラウドに移行していない企業は、重力に抵抗しようとしている企業」

このセリフからもわかるように、AWSのサービスに対してとんでもない自信を覗かせています。クラウドに移行するのは必然ということをたっぷりとインタビューで答えていました。

今後クラウドがさらに普及していくことを確信しているのでしょう。

今や日本でも、SONYやHITACH、スクエア・エニックスといった大企業が。そして、なんと日本政府までもがAWSの導入を進めているので、今後ともAWSを扱えるITエンジニアの需要はさらに伸びていきそうですね。

転職市場について

政府は、ITエンジニアが人材不足を懸念して、IT人材の育成に力を入れています。小学校にもプログラミングが導入されたように。

またIT業界でも、働き方や給与面での改善を行って、様々な方法でIT人材を確保しようしているのがわかります。これらを見てわかるように、ITエンジニアが不足しているのは間違いなく事実です。

そして日本政府にまで採用されだした、AWS等のクラウドサービスを扱えるエンジニアが、どの現場にも必要になってくるのは確実です

つまり、AWSを扱えることは、転職市場において大きな武器になるといっても過言ではないでしょう。

AWSを学ぶためには

AWSを学ぶには、自分のAWSアカウントを取得して、実際にAWSサービスを触ってみるのが一番です。

そうすることで、どういうふうにAWSが取り扱われているかをイメージすることができます。また、本格的に転職するとなったとき、実際にAWSを使ったポートフォリオがあれば、自己PRのときに非常に有利になることは間違いなし。

そういう意味でも、AWSを扱えるITエンジニアへの転職を考えている場合は、ぜひアカウントを取得して実際に触ってみましょう。

AWSを学習するなかで、一番最初に手に取る書籍としてピッタリなのがこちらの「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」となります。

AWSでよく扱われる基本的な機能をわかりやすく簡潔にまとめてくれています。なにより、 WordPress を題材にして実際にインフラ構築を進めることで、AWSの理解をより深めることができます。

そういう意味でもおすすめの一冊です。

またAWSの基礎を効率よく学ぶ方法をこちらで紹介しています。

AWSの基礎を最速で学習する方法まとめ
今や、クラウドを利用する上で無くてはならないツールとなっているのがAWS(Amazon Web Services)です。 AWSは大手ECサイトであるAmazonの子会社で、200近くあるクラウドコンピューティングサービスの総称となっ...

また、効率よくAWSを学びたい場合はスクールを利用するのも1つの手です。

今やネット上に必要な情報はいくらでもあるので、必要そうには思えないかもしれませんが、体系的にAWSを学べて、どういうふうに学習すれば転職に有利になるかをスクールのメンターなどを通じて学ぶことができます。

独学に自信の無い方や素早く転職活動を初めて、素早く内定をもらいたい方には良い選択肢になるでしょう。

AWSを学べるスクール

AWSの需要は増すばかりで、AWSを扱えるITエンジニアとして、IT業界に参入するのは、ものすごく良いてだと考えられるます。しかし、AWSを学べるスクールってあまり多くは無いんですよね。

そこで、そんなAWSを効率よく学べるスクールを紹介します。

RaiseTech

オンライン専用のプログラミングスクールとなりライブ授業がメインとなっています。こちらのスクールでは、AWS専用の講座が用意されており、AWSに特化したカリキュラムを受けることができます。

完全オンラインということなので、地方にいたり、プログラミングスクールに通える時間が無いという方であっても非常に挑戦しやすいですね。

ちなみにカリキュラムの内容はかなり高いです。他業種から未経験で転職しようとしていたとしても、ここまで求められるかな?というレベル感ですね。

カリキュラムの一部ですが、かなりレベル高いです。

・AWSのアカウント作成、セキュリティグループの設定、ネットワーク関連の基礎
・作成したAWS環境と同じ環境をコード化(YAML)
・ServerSpecのテスト作成
・Ansibleを使った構成管理の作成
etc…

これらを理解できれば、かなりの技術力が付きますね。ものすごく大変だと思いますが。

また、プログラミングスクールにしては、他のスクールに比べて安価です。やはり、これもオンラインだからこそ実現できる価格なのでしょう。

気になったかはぜひチェックしてみてください。

まとめ

AWSの扱えるクラウドエンジニアが転職に強いことを説明してきました。AWSを扱えると言えるだけで、転職のさい、かなり印象が違ってくると思います。

実際に私が転職したときも、AWSを扱えること(めちゃくちゃ初級レベルであったとしても)を訴求すると、面接官は結構な確率で興味を持ってくれました。

今度、ITエンジニアの人材不足が続くこは間違いないので、IT業界や転職に興味のある方はぜひAWSを触ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました